[HRPニュースファイル507] 第二次安倍政権の国防政策を考える

[HRPニュースファイル507]転載 


第二次安倍政権の国防政策を考える


f0307146_13251090.jpg


 


◆「防衛大綱」の議論から見えてくる国防政策のポイント


 


2012年12月16日に投開票が行われた、第46回衆議院解散総選挙に

より、第二次安倍政権が成立しました。


 




安倍氏は民主党政権下で打撃を受けた政治の立て直しに対して

意欲を燃やしておりますが、特に喫緊の課題として、経済の

立て直しと共に日々深刻化する中国・北朝鮮の軍拡への対応、

すなわち国防体制の強化を挙げています。


 


本日は安倍政権の国防政策について取り上げたいと思います。


 


正式には、今後、「防衛大綱」2013年版として発表されることが

予想されますが、その議論の中から、安倍政権下で国防政策が

どのように進化するか、あるいはどのような限界にあたっているかを

予想する事ができます。


 


◆(1)「対中有事」を念頭に置いた防衛大綱の策定


 


安倍政権の国防政策で第一に画期的だと思われるのは

「防衛計画の大綱(防衛大綱)」の見直しに着手する上で、初めて

「対中有事シナリオ」が作成されようとしている点です。

(産経:2013年1月1日一面記事)


 


民主党政権下で策定された「H23年度以降に関わる防衛計画の大綱」

でも「動的防衛力」というコンセプトと共に「島嶼部攻撃」への

対応が盛り込まれていましたが、具体的な有事シナリオもなく、

サイバー攻撃や弾道ミサイル攻撃などの脅威と共に「列挙」される

にとどまっておりました。


 


しかし、今回「対中有事」を明確に念頭においたうえで防衛大綱を

策定する検討を始めたことは、「予想される危機」を具体的に

明らかにするという点で画期的だと言えます。




◆(2)「国防戦略」策定への布石


 


次に画期的と言えるポイントは、陸海空自衛隊の「統合運用」を

見据えている点です。


 


「対中有事シナリオ」を明確にしたことで、陸海空3自衛隊による

「統合防衛戦略」を立案する動きが出てきました。


1月1日の産経紙面では、防衛省が想定する有事として、

「尖閣、石垣・宮古、台湾への単独・複数同時進攻」が紹介

されています。


 


このように「対処するべき危機」が明確となったということは、

「それぞれ性格も能力も、また利害も異なる3つの軍種を、特定の

目的に向けて効率よく運用する」という戦略的発想ができるように

なったことをも意味しています。


 


そもそも陸・海・空の3軍種を統合運用するには、「明確な国防戦略」

の策定はもとより、「政治家の強力なリーダーシップ」が不可欠です。


 


なぜなら、「国家の主権者たる国民」の信託を受けた政治家が、

「向かうべき目標」を明確にしていなければ、3つの軍種の利害の

調整などできないからです。


 


「明確な脅威」の設定と、それに対処する「自衛隊の統合運用」

まで踏み込めれば、「国防戦略の策定」まであと一歩です。


 


あとは、(1)「国家戦略」の策定、(2)対応すべき脅威の優先順位、

が決定され、さらにオープンな国防議論をできるようになれば、

「専守防衛」の克服が可能となります。


 


◆「幸福維新」の志は生きている


 


そういった観点から振り返れば、国防に対する「危機意識」を浸透

させ、国論を「保守回帰」に導き、スムーズに国防政策を進める「世論」

を整えた「幸福維新の志士達」の活躍には、計り知れない価値があった

ということがわかります。


 


また、「政治家のリーダーシップ」を発揮できるかどうかは、

安倍首相の双肩にかかった課題です。




国防危機の回避のため、安倍首相にはぜひ志を果たして

いただきたいと思います。


 


この国を守り、未来を切り拓くべく、私たち幸福維新の志士は

戦いを止めることはありません!


 


まずは今夏の参院選において躍進を果たすべく、ご指導ご支援の程、

何卒よろしくお願い申し上げます。




(文責・HS政経塾一期生 彦川太志)


 





[PR]
by sakuya777risou | 2013-01-04 13:56 | 指定なし