【新聞読み比べ】社説に見る各紙の国家観

【新聞読み比べ】社説に見る各紙の国家観


 


リバティニュースクリップ 1/2 転載

http://www.the-liberty.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━


f0307146_1325653.jpg


 


◆【新聞読み比べ】社説に見る各紙の国家観




「平和」「非武装」は中国・北朝鮮に言おう

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5410


 


元旦の新聞各紙の社説を比べると、それぞれが「国家観」について、

どのように考えているかということが透けて見える。

以下は、その要約(新聞名の横のカッコ内は社説のタイトル)。


 


●読売「政治の安定で国力を取り戻せ 成長戦略練り直しは原発から」


 


日本は経済力、防衛力、技術力などの総合力である「国力」を

維持・向上させるべき。中国・北朝鮮の脅威に対処するためには、

集団的自衛権の行使を容認し、日米同盟の強化が必要。


 


金融緩和・財政出動・成長戦略の3本の矢でデフレ脱却を図ろうとする

安倍首相の考えは妥当だ。安全性を確認した原発は、着実に再稼働し、

TPPにも参加してルール作りに国益を反映させなければならない。




●朝日「混迷の時代の年頭に 『日本を考える』を考える」


 


私たちが抱えるうんざりするような問題の数々は、「日本は」と国を

主語にして考え、答えが見つかるようなものか。




米ハーバード大学のマイケル・サンデル教授は、これから期待

できそうなのは、国家が主権を独占せず、大小の共同体と分け持つ

仕組みではないかという。時代はその方向に向かっているように見える。


「日本」を主語にした問いが的はずれに感じられるときがあるとすれば、

そのためではないか。


 


●日経「国力を高める 目標設定で『明るい明日』切り開こう」


 


日本の閉塞状況を打ち破り、国力を高めていくための手がかりを

つかまなければならない。戦後は、吉田茂元首相が敷いた

軽武装通商国家路線で、経済大国をめざした。一つの提案は、

科学技術の力で新産業を育成し、人々の生活を変え、世界の課題解決に

貢献する「科学技術イノベーション立国」の勧めである。

日米同盟を深化させ、対中懸念を抱く、豪、印、越、比などとの

安保協力の枠組み作りも必要だ。


 


●毎日「2013年を展望する 骨太の互恵精神育てよ」


 


2013年は戦後の日本の生き方が試される年になる。一つは、日本経済の底力。

限られたパイの中で、豊かな高齢者層から雇用も所得も不安定な

若年者層への、より明確な所得移転が必要になるのではないか。




成熟経済対応にギアチェンジする時である。二つ目は、日本政治の平和力。

中国に対し、強硬路線の悪循環を排し、現状維持の緊張に耐え抜くこと。

対話と妥協の機をうかがい、話し合いのテーブルにつく。




●産経「年のはじめに 長期安定政権で国難打破を」


 


新年を日本再生の元年にしたい。憲法改正を掲げる政治勢力が国政の

担い手となり、国のありようを正す動きが顕在化してきた。

東アジアの安全保障環境は、中朝と日米韓が厳しく対峙する構図。

ロシアも微妙に絡む。日本人が覚悟を決める時だ。




日米同盟を堅固にして抑止力を強める。そして心を一つにして

中国の圧力をはね返す。

安定した長期政権になってこそ、国難に立ち向かって国益を実現できる。




 


●東京「人間中心主義を貫く 年のはじめに考える」


 


脱原発への決断は、再生可能エネルギーへの大規模投資と大量雇用を

見込めます。医療や福祉は国民が求めています。

今回の大震災は、自然を制御、征服する西欧の近代思想の限界を

示しました。近代文明を考え直す。そこに人間中心主義が連なって

います。


日中戦争当時、時流におもねらなかった石橋湛山の非武装、

非侵略の精神は日本国憲法九条の戦争放棄に引き継がれました。

簡単には変えられません。


 




以上、各紙とも、日本と中国が緊張状態にあることを念頭に、

国防や経済問題などを論じている。大きく分けると、


保守的な読売、日経、産経が、国民国家を守るために何が必要かを論じ、


左翼・革新的な朝日、毎日、東京が、国家のエゴが危機を招く、


といった論調だ。


 


「保守」とは、家庭や社会、国家に対して責任を感じる立場であり、

もちろん本誌・本欄は保守の立場である。一方、左翼系の言論には、

「平和」「非武装」など耳触りがいいものも多いが、


実は、国民国家を守れない、非常に危険で無責任な言論であるという

事実をおさえておきたい。「平和」や「非武装」を訴えるなら、

中国や北朝鮮に向かって言うべきではないか。(格)


 




【関連記事】


 


2012年12月29日付本欄

安倍首相が「中国包囲網」づくりに乗り出した

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5401


 


2012年10月2日収録


大川隆法総裁 公開霊言抜粋レポート

『国防アイアンマン対決』―

自民党幹事長石破茂守護霊vs.幸福実現党出版局長矢内筆勝

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5001


 


 


 


ーーーーーーーーーーーーーー


 


 


.(`・ω・´)朝日は・・・どこの国の新聞だ??


 


 


 


 


 



 


 


[PR]
by sakuya777risou | 2013-01-02 15:01 | 指定なし