いざ行かむ、繁栄を目指して――

いざ行かむ、繁栄を目指して――


[HRPニュースファイル504]転載


f0307146_1325366.jpg


いざ行かむ、繁栄を目指して


――2013年を「幸福実現革命」の年に!


 


 


2013年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。


 


この度、幸福実現党党首として就任致しました

矢内筆勝(やない・ひっしょう)と申します。




どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


 


旧年中は弊党にひとかたならぬご厚情を賜り、誠に

ありがとうございました。 心より感謝申し上げます。


 


昨年2012年は、ようやく亡国・民主党政権が終焉を迎えましたが、

経済分野ではより一層、不況が深刻化し、自公民によって

「国家の自殺」とも言える横暴な消費税の大幅増税が決定され、

「脱原発」など日本経済没落の危機が強まりました。


 


 


また、外交・安全保障においては、中国による

尖閣諸島領海・領空に対する侵犯行為、北朝鮮の

ミサイル発射、韓国大統領の竹島上陸等、「国難」がより一層、

現実化した年でした。


 


昨年12月の総選挙では保守回帰はなされたものの、安全保障環境は

予断を許さない状況が続いています。


 


中国の楊外相は12月14日、日本政府の尖閣国有化に対して

「断固として日本と闘争を行う」と表明しています。




これは事実上の「宣戦布告」とも言うべき挑発であります。


 


大晦日の12月31日も、中国当局の船が尖閣諸島周辺の日本の領海内に

侵入しました。(12/31 NHK「尖閣諸島沖 中国船対応で越年の巡視船も」)


 


今年、中国当局の船が、この海域で領海やすぐ外側の接続水域を

航行した日数は、合わせて91日と去年の7倍、

尖閣諸島中国漁船衝突事件の起きた2010年と比べても3倍以上と、

これまでで最多となっています。


 


幸福実現党が「先見力」によって習近平氏の野望を警告して

参りましたように、習近平体制に移行して以降、急速に中国の

覇権主義が加速しています。


 


実際、習近平氏は軍隊を視察して「軍事闘争の準備を進めよう!」

と指示し、「強国強兵」を宣言しました。


 


また、北朝鮮が最短2週間で核実験を行うとの観測も流れて

いますが、北朝鮮が核実験に成功し、核弾頭が量産化されれば、

日本に向けられた320基超のノドンミサイル全てが「核ミサイル」

となり、北朝鮮が日本の生殺与奪の権利を握ることになります。


 


日本全土に危急存亡の秋が訪れる中、安倍内閣も憲法改正を

急いでいますが、現在の「自公」連立内閣では、




公明党議員の94%が憲法9条改正に反対しており、

「自公」連立内閣では憲法改正を断行することは事実上、

不可能です。




国難の流れをくい止めるには、憲法9条を改正するためには、

幸福実現党が政権の一角を担い、「自幸」連立内閣を樹立し、

安倍政権を善導していく必要があります。


 


そのためには、次回の参議院選で、自民党と幸福実現党を併せて

三分の二を占め、憲法9条改正に反対する公明党は政権から

外れてもらう必要があります。


 


勝負は「今年7月の投票日まで」の約半年です。




私は、この半年を、幸福実現党、そして幸福実現革命の

「黄金の半年」と名付けたいと思います。


 




そして、今夏の参院選は絶対に!絶対に!絶対に勝利します!!


 


熱い熱い夏にしたいと思います!




泥臭い中にも、美しく、光り輝く「幸福実現革命」の

ドラマを展開したいと思います。


 


そして、この日本を、そして世界を救っていくという

救世活動の一つの大きなドラマを展開したいと思います。


 


ぜひ、皆さまの実現党への希望と期待を、幸福実現党の旗印の下に

結集いただきたいと思います。そして共に、必ずや勝利を

実現して参りましょう!


 


私も全力を尽くします!しかし、私一人では何もできません。




皆さま方の、お力の結集がどうしても必要です。


 


「幸福実現革命」の主役は皆さま方お一人おひとりです!


 


私達に日本と世界の運命がかかっています!


 


共に未来社会建設に向け、頑張って参りましょう!!


 


 


(文責・矢内筆勝)





[PR]
by sakuya777risou | 2013-01-01 12:14 | 指定なし