日本の危機を伝えたい・・


by sakuya777risou

親子の縁、家族の絆……少子化、中絶、特別養子縁組制度

親子の縁、家族の絆……少子化、中絶、特別養子縁組制度


f0307146_1925714.jpg


 


[HRPニュースファイル836]


 


少子化社会となり、また、幼児虐待が後を絶たず、痛ましい事件も多数

報告されています。家族の形態が多様化する中で、今のところ、

有効な手立てはなされていません。


 




◆実態不明の「人工中絶」


 


わが国において人工中絶は犯罪です。ただし、母体保護法の14条に

医師の認定による人工妊娠中絶として次の二つにあてはまるものは

合法としています。


 


「妊娠の継続又は分娩が身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく

害するおそれのあるもの」と「暴行若しくは脅迫によって抵抗若しくは

拒絶することができない間に姦淫されて妊娠したもの」の二つです。


 


しかしながら、「経済的理由~」が、いいように解釈されて、人工中絶は

事実上、無制限に行われています。合法として届出されている件数は、

平成23年(2011年)は約20万件ですが、実際の数はこの10倍とも20倍とも

言われていています。


 


しかも、妊娠12週以降は「死産」としての届出となるために、その実態は

不明です。中には10代から中絶を繰り返して、本当に愛する人と巡り合い

結婚出産となった時に、もう妊娠できない身体になってしまった例もあります。




わが国の年間出生数は約100万人です。もし、中絶数が発表の10倍あると

してその数が200万人だったら……出生数は300万人になり、日本の少子化

はあっという間に解決しています。


 




◆結論から言ってしまえば、対処方法は3つ




(1)宗教教育での感化 


 


「あの世があり人間は転生輪廻を繰り返している存在で、生まれる前に

それぞれの人生計画に基づき『親子の約束』をしてくる」という宗教的

認識から言うと人工中絶はやはり「殺生」であり、快楽のための刹那的な

行動は控えるべきです。




(2)妊娠出産に関する相談窓口の充実


 


人工中絶はやはりいけないことだということは、程度の差はあれ誰でも

感ずることでしょう。カトリック教では中絶を禁止していますので混乱が

多数あることは事実です。


 


宗教的な、人間としての在り方を十分に納得したうえで、それでも妊娠した

場合には「救済」という観点から充実した相談窓口をつくるなどのケアが

必要です。




(3)「養子縁組」「特別養子縁組」制度の活用


 


「養子制度」を変えた「菊田昇医師の赤ちゃんあっせん事件」――




1973年、宮城県の産婦人科医師の菊田昇医師が「赤ちゃんあっせん」

で告発されました。


 


どうしても子供を産むわけにはいかない女性に、中絶ではなく産むことを

勧め、生まれた赤ちゃんを、どうしても赤ちゃんが欲しいけど生まれない

夫婦に「実子」として渡していたのです。


 


この行為は「違法」でした。赤ちゃんをもらいうけた夫婦の子供として

「出生証明書」を出していたからです。実母の戸籍に入れることなく、

子供が「養子」だと気が付かないように配慮した結果の行為でした。


 


この菊田医師事件は内外に大きな反響を呼びました。菊田医師のところには

遠くからも相談に来る人が激増し、医師は結局1991年に亡くなるまで

600人もの幼い命を救いました。




法律的には最高裁で敗訴罰金となりましたが、外国からは勲章が届きました。

この事件後に議論が起こり、「特別養子縁組制度」が1987年に作られました。


 


それまでも養子縁組制度はありましたが、「特別養子縁組」は「子供の幸せ」

を第一に考えることが基本となっています。詳細は省きますが、菊田医師が

やっていたことと同じことを家庭裁判所が判断して行うものです。


 


これより先に1982年に愛知県の「矢満田篤二児童福祉士」が取り組み始めた

養子縁組が画期的な「愛知方式」と呼ばれ、「特別養子縁組」の基礎となりました。


 


熊本市の慈恵病院が2007年から始めた「赤ちゃんポスト~こうのとりのゆりかご」

の取り組みがありました。




「赤ちゃんポスト」自体はヨーロッパでは結構普通の取り組みです。


 


このやり方は、犯罪がらみの件もあり賛否両論ですが、一つ特徴的なことは、

菊田医師の場合と同じくここでも全国からの相談が激増し、

相談専門の職員を置かなければならないくらいとなっています。


 


また、普通養子縁組で多数の子供を養子にして「家族」を作っている

感激の事例も数多くあります。




留意しなければいけないのは、「商業ベース」にならないようにすることです。




養子縁組をあこぎな商売にしてはいけません。




子供がどうしても欲しい夫婦をだます悪質な事例もあります。

人の弱みに付け込む行為は決して許してはならないのです。


 




◆「いらない子」なんていない!


 


人間は転生輪廻を繰り返し、この世を修行の場としていることを考えると、

「生みの親」「育ての親」を絶対とするのではなく、これも自分が立案した

「人生計画」ととらえ、その与えられた環境の中で精一杯の人生を生きる

という考え方が必要です。


親も子も「修行だ」ということを知らなくてなりません。




産みっぱなしで子供を愛せない親が社会問題となっています。




自分が幼少時に愛されなかったことを言い訳にせず、これも「親子の縁」の

深さを知らなければならないでしょう。


 


「産んでくれと頼んだ覚えはない」というセリフがありますが、これも

、間違いであることをしらなければなりません。「いらない子」はいません。


皆、「仏の子」「神の子」です。この事実を示すことができるのは

「宗教教育」しかありません。


 


妊娠出産に関しては、このほかにも「シングルマザー」「精子バンク」

「冷凍卵子」「人工授精」「代理母」など解決しなければならない事柄が

たくさんあります。


 


何を基準に整理するか?


 


――それは仏神の意志です。時代がどのように変わろうとも、

その基準は不変であり普遍です。


 


 


これは「宗教政治家」にしかできません。物事を「本当の善悪」と「絶対の真理」

で判断できるのは幸福実現党でしかありません。


 


(文責・幸福実現党富山県本部副代表 吉田かをる)


☆゜・*:.。. .。.:*・゜

◎本メルマガは自由に転送、転載いただいて結構です。


◎幸福実現党 公式サイト http://hr-party.jp


 


 


[PR]
by sakuya777risou | 2013-12-01 14:34 | 指定なし