日本の危機を伝えたい・・


by sakuya777risou

「イザ!」リニューアル

「イザ!」リニューアルのお知らせ


2013/10/26


       

f0307146_132529.jpg






 産経デジタル、「イザ!」をリニューアル~


すべての記事でコメント可能に  


   

f0307146_1325285.png


2013/10/1 12:42


http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131001_617579.html


 


コメントが書き込めるようになるそうです。

どんどん拡散したいですね。


 


しかし・・・・・・・


 


「イザ!」リニューアルのお知らせ


 


会員様向けブログサービス終了のお知らせ


 


誠に勝手ながら、会員様向けにご提供してきましたブログサービスは

2014年3月末をもって終了させていただきます。これまでのご愛顧

深く感謝申し上げます。サービス終了までの日程や他社ブログへの

移行方法などは、ログイン後の「マイページ」お知らせ枠でご案内

しております。 http://www.iza.ne.jp/voice/


 


しかし、↓は連絡をいただいていたのに気がつくのが遅れていました。。


 




 


【重要】「イザ!」リニューアルのお知らせ

2013/09/12


 


いつもイザ!をご利用いただきありがとうございます。

2006年6月に開設された「イザ!」が9月30日に大きく生まれ変わります。


 


「新聞社がつくるニュースまとめ」をコンセプトに、ユーザーの

「本当に重要なことを簡単に知りたい」というニーズに応えられる

サイトを目指します。


 


なおリニューアルに伴い、誠に勝手ながら2014年3月末をもちまして

ブログサービス、ブックマーク、お気に入りRSSなどの提供を終了する

ことになりました。これまでご愛顧いただきありがとうございました。




また終了に伴い、イザ!ブログから他社ブログに移行するための

エクスポートツールを提供いたします。

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


 


■サービス終了までの日程


・2013年9月30日(月):ブログ新規開設停止

・2013年12月末:ブログ新規書き込み停止:

・2014年3月末:サービス終了(データ削除


 


 


 


  ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ


 


 




 


(;´∇`:) わあぁ~~ん・




くるべきときがきた・・という感じです。。って言うか


もともと予備のブログだったのに、

産経の看板のお陰で、本サイトよりアクセスが増えていました。。


 


昨日も、3,429アクセスをいただいて、いましたもので。。。




エクスポートツールも提供いただけるのですが、同じブログを運営するより、

まだ試行錯誤の中ですが、もっと直接、情報提供をいただいて


運営するブログを・・とも、思っております。。


 


又、お知らせいたしますね(^▽^)/


 


あと、gooブログの方は、来年の3月で無料メールが閉鎖になるもよう。。


 


メール受信欄で把握していたコメントやメッセージ等が、どう変わるか、


まだわかりません。(他のブログサイトでも、多少の変化が・・・)


 


 


 


 


日本のネット社会に、脅威を感じた中国の圧力でない事を祈りたいですww(´;ω;`)


 


 


 






【社会】ネット右翼の数は300万人、

日本のネット言論を牛耳りつつある-人民網


http://uyosoku.com/archives/30859561.html


 


(1)反中、嫌韓

(2)政治家の靖国参拝、憲法改革、軍拡、愛国心教育を支持

(3)ネット上で感情をぶちまける


調査によると、この基準を満たす日本のネットユーザーはなんと300万人もいる!


 


これを大変説得力をもって裏付ける現象が、敗戦の日を迎えるたびに

「一緒に参拝」のスレッドが氾濫して災いを引き起こしていることだ。




日章旗を持参し、女性参加者は和服着用を推奨され、「参拝」過程は

ネットで生中継。一見「オフ会」のようだが、排外的姿勢は「右翼団体」

と変わらず、より大きな「破壊力」を持ってすらいる。


 


事実上、「ネット右翼」は日本のネット世論を徐々に牛耳りつつある。




日本のネットユーザーの半数以上が

日常的に利用するYahoo! JAPANで中国、韓国関連のニュースをどれでも

いいから見てみると、下のコメント欄には必ずひっきりなしの罵りが見つかる。

 


 


外交、内政に関する各種ネット調査でも彼らは主力だ。一部主流メディアは


こうした書き込みから「民意」の証拠を得て、その排外的論調を配信するのが

すでに習慣となっている。


 


「ネット右翼」の大量出現は日本が近年強化してきた

「愛国心教育」と無関係ではない。


戦前の軍国主義教育への反省から、戦後長い間日本の教育界において

「愛国」は「禁句」とされ、国旗掲揚や国歌斉唱も包み隠されてきた。


 


だが中曽根内閣が国民の「愛国心」強化を打ち出して以降、1999年に

「国旗、国歌法」を公布、2002年に文部省が愛国的内容を盛り込んだ

「心のノート」を編纂、2006年にいたって「愛国心」が新教育基本法に

明記された。若い世代の日本人は「国益」をより多く論じ始め、愛国心の

顕示が潮流や流行と見なされるようにすらなった。


 


日本のネット上と靖国神社で人気商品の「愛国服飾」からその一端がうかがえる。


正しい誘導を欠くネット上の愛国心が対外関係においてぶちまけられるほど、

排外思潮のはびこる日本をわれわれが目にする日が早まるのは間違いない。

 


 


ソース 人民網 記事抜粋

http://j.people.com.cn/94474/204188/8367597.html


 


[PR]
by sakuya777risou | 2013-10-26 00:00 | 指定なし