「子ども手当の財源は増税で」 菅財務相が発言 

「子ども手当の財源は増税で」


菅財務相が発言  title end


date 2010.2.20 23:03 date end


yahoo_ad_content_start google_ad_section_start(name=s1) article

 菅直人副総理・財務相は20日、東京都町田市内で演説し、「たくさん収入のある方に少し率として多めに税を払っていただき、そういうお金を子ども手当で応援に回していく」と述べ、所得税率の見直しで子ども手当の財源を確保する方針を明らかにした。歳出削減で子ども手当の財源を捻出(ねんしゆつ)する意向を示していた鳩山由紀夫首相との食い違いが、浮き彫りになった。


 政府はマニフェスト(政権公約)通り、平成23年度に子ども手当を1人当たり月2万6千円(22年度は半額)支給する方針を変えていない。財源不足で「満額支給は困難」との声が強まる中、菅財務相は「(所得税の)累進制が緩和されてある意味、お金持ちには減税になっている」と指摘、最高税率を引き上げる意向を示したうえで「今年から税制の本格的な議論を始めたい」と語った。


 所得税の最高税率の引き上げについては、鳩山首相も検討する意向を表明。菅財務相は、政府の税制調査会で検討する考えを示していた。


http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100220/mca1002202305012-n1.htm

 


 


 


税金、取っちゃ~ばら撒く。の繰り返し。


 


ね、子供手当てのことだから、子供に考えさせたんだよね


・・・・・っていうくらい、大人の考えることか?それも、財務大臣が。


ばら撒くお金がないからって、不況の今大増税・・。


トリックみたいな舞台裏。まやかしだって仕掛けはうまい。。。


結局子供でも考えつくような、こんなんだったの?


民主の財源、経済政策って・・・・・・

f0307146_18251559.gif


 



f0307146_18251536.jpg



 


 




[PR]
by sakuya777risou | 2010-02-21 09:09 | 指定なし