日本の危機を伝えたい・・


by sakuya777risou

「消費税増税論」復活に強く反論する  不況期に「増税」は絶対にあり得ない

「消費税増税論」復活に強く反論する


菅直人財務相は昨日、記者団に対して、消費税増税の議論を

「3月ぐらいから本格的に始めたい」と述べました。

にわかに高まる「消費税増税論」について、昨日に続いて、

静岡県本部参議院選挙区代表の中野雄太氏からの

緊急メッセージをお届け致します。


☆゜・*:.。. .。.:*・゜ 。☆:・。*☆:・。*。☆:・。*☆:・。*           リンクhttp://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/945ad02bd169d7a74e3cd7d6ea055362


 


この度、管直人財務相以外にも、大塚耕平内閣府副大臣が

「2桁の、20%に至らないところが現実的な数字」と、

10%以上の消費税が妥当と述べました。

さらに、昨日14日、自民党の谷垣総裁までもテレビ番組に

おいて「財政再建」を急ぐ名目で消費税増税を口にしました。

まるで、昨年を彷彿させるような「消費税増税キャンペーン」

が始まっています。


結論から言って自民党と民主党は景気・経済政策について

「無能」です。

不況期に「増税」は絶対にあり得ません。


過去のデータを見ても、1989年に竹下登内閣が導入した

消費税でも、一般歳入としての税収は2年ほどしか

伸びませんでした。


(財務省統計参照(PC向け)→


http://www.mof.go.jp/zaisei/con_02_g02.html


さらに、1997年の橋本内閣では、消費税3%から5%への

引き上げが行われました

その結果、97年までは2%台の成長があった日本経済が

一気にマイナス成長へと落ち込みました。

橋本元首相も自らの誤りを認め、国民に謝罪をしているほどです。


財政再建としての増税は、一見もっともらしく見えるのですが、

実は不況期に最も行ってはならない政策であります。

民主党も、自民党も、目先の税収の帳尻合わせをしても、

中・長期的には税収がかえって悪化することが分かって

いないのです。


このままでは、日本経済は本当に「10年不況」に突入します。

そして、「重税国家」への道を進めば、国民負担は急激に上昇し、

国民の家計は悲惨極まる状況に陥ります。


今、政府がなすべき優先順位は「抜本的な景気対策」

「経済再建」であって、「財政再建」ではありません。

自分達が経済的に無策であるのに、国民にだけ「負担」

押し付けるのは完全に間違っています。


保守系の論壇でも、「消費税増税を問うのが政治家

としての気概を見せることになる」と主張する意見も

出てきました。


残念ながら、それは完全な間違いです。


政府は、まずは「経済成長」を通じて、税収を増やすこと

に取り組むべきです。

「成長戦略」を示さずに、国民に負担を強いる政府は

完全に『悪代官』そのものです。

無意味な、選挙対策のためだけの「バラマキ政策」を続け、

その原資として「増税」を進める鳩山政権は悪逆無道です。


今こそ、幸福実現党は「消費税増税反対」を強く主張し、

「重税地獄」から国民を守るために立ち上がって参ります!


中野 雄太

http://nakano-yuta.hr-party.jp/

☆゜・*:.。. .。.:*・゜

◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp

◎ハピレタWebサイト http://happinessletter.blog111.fc2.com/

◎購読申込(携帯用) http://mobile.mag2.com/mm/0001054021.html

◎ご意見・お問い合わせ happiness-letter@hr-party.jp

◎Happiness Letter

 


[PR]
by sakuya777risou | 2010-02-15 12:19 | 指定なし